ちゃたろうとゆきまま日記

cyapitaroo.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 18日

本の抜粋と、ニャンとかなるらしい


 

   以前にもアップしたことのあるものです

時々読み返しています




図書館で本を借りた中に、曽野綾子さんの人生を語るような本を借りた

その中の文章が心に残ったので写しました

f0316507_20493581.jpg




アフリカをかなり良く知るようになってから、私は人間の一生に与えられるもの関して

随分、謙虚になった。

一生の間に、ともかく雨露を凌ぐ家に住め、毎日食べるものがあったと言う生活を出来たなら

その人の、人生は、基本的に「成功」だったのである


その家が清潔で、風呂やトイレが有り、一応健康を害するほどの暑さや、

寒さからも守られており

毎日乾いた布団で寝られ、ボロでもない衣服を身につけて暮らすことができ

毎日美味しいと思う、栄養バランスのとれた食事を食べ、
戦乱に巻き込まれず

病気の時には、医療を受けられるような生活ができたなら、その人の人生は

地球レベルでも、「かなり幸運」だったのである


もしその人が自分の好きな勉強をし、

社会の一部に組み込まれて働き、愛も知り

人生の一部を選ぶことができ、自由に旅行もし、好きな読書をし

趣味に生きる面も許され、家族や友達から信頼や、尊敬、好意を受けたなら

それはそれだけで、その人の人生は「大成功」だったのである









便利過ぎて、余計なお世話的な道具も反乱して

物が多くて捨てなくちゃ!!、コンビニのお弁当や流れ寿司のお寿司は何分、何時間後に廃棄

以前、新聞に東京都内一部で、某ネット通販で20分で品物を届けるサービスって

人件費やガソリンの無駄としか思えない。。

こんな便利な国に住んでいて、そんなの必要なんですかね??

好きなものを好きなだけ、食べて、、、あ~ダイエットしなくちゃ~

テレビのCMは若く元気になれるらしい、サプリメントや化粧品で凌ぎを削り

本当に平和ボケもいいところです

かと言って、世界の貧困の国の大変さを自ら、経験するわけでもなく、

あれが美味しい、これを買った、これが楽しいって
自分もやってるんですから。。。

でも,時々は有難い生活を、有難く振り返えらなくちゃと思う気持ちはあります

振り返ったところで、何も変化も貢献も出来ないのですが。




自分も60になって、友達も私自身も
それぞれの人生の課題があると思った
自分の病気だったり、家人の病気、子供のこと含め家族関係
いいこともあるけど嫌なことも、力が及ばないことの方が多いと思う
でも色々思い悩んでもどうなる物でもなくて
それらを受け入れてやり過ごす
現在を生きるしかないんですよね
それが人生か。。。┐(´д`)┌






人生はニャンとかなる

f0316507_20582719.jpg



って本が、シリーズでありますけど?

f0316507_20584126.jpg






by yukimama0202 | 2017-10-18 11:05 | 日常 | Comments(8)
Commented by pinochiko at 2017-10-18 13:04
私もちょっとづつそういうことが分かるようになってきたかなぁ?
まだまだ私欲にまみれてるけど・・・。
年齢、人生経験の積み重ねだけじゃなくて、
猫と出会ったことが大きな意味があった気がしますよ。
Commented by tsunojirushi at 2017-10-18 14:27
ちゃたろうさんがまず可愛い。
そして、
耳を切って一応生還して入院していた時、二つの寝巻を洗って交互に着て夏を過ごし、その時、片方の聴覚を失って凹んだ中でも「服は二枚あれば、人は生きられるんだな」と思いました。
いろいろな障害を持っている自分は、どこも何ともないのに文句ばかりの人を見ると「あんなに恵まれているのになぁ」って正直思います、でも、持っていると、それを自覚することは難しい。私もまたそうです。
失敗しても生き続けなければならないのか、と思っていましたが、気づかされる言葉でした。ありがとうございます。
Commented by 01914383i53678 at 2017-10-18 14:39
肝に銘じたい言葉です。

健康であることの幸せを、この頃、本当にありがたいと思うようなりました。
Commented by yukimama0202 at 2017-10-18 16:21

★  pinochikoさん

若い時はなんも考えなかったけど
年と共に、こんな本を読むことが多くて
文章になっていると本当に気持ちに沁みます
かと言って何かするわけでもなし

ただ、生まれる場所は選べないんだから
ありがたい時代、場所にいるんだなって事は
忘れないようにしたいです

猫に出会って足るを知る?そんな感じですか??
Commented by yukimama0202 at 2017-10-18 16:29

★  tsunojirushiさん

病気を持っていると色々辛い目に遭って
なんで?って思われると思います
自分も少し具合が悪くなると、もう元気になれないんじゃないかと
思うんですから
ずっと病気と付き合っていくモチベーション、エネルギーは直ぐに底をつき
呆然としてしまうことだと思います
自分にしか解決できない、解決しようがない気持ちが
何かで、少しは紛れて欲しいと思います

まだまだ若輩もので、こんなことしか言えないんですね~
Commented by yukimama0202 at 2017-10-18 16:37

★  01914383i53678さん

そうですよねー
当たり前すぎて忘れがちですよね。
何でも文句を言っては、バチが当たりますね!
Commented by tarohanaazuki at 2017-10-18 20:31
曽野綾子さんみたいに達観できたら人生大成功なんでしょうねえ(笑)
現実はその域にはほど遠いところで、あたふたする毎日です。
「幸せ」や「成功」のパターンは人間の頭数だけあるのでは無いでしょうか?
ちゃたろうさんに「ニャンとかなる」と言ってもらえてホッとしました(笑)
Commented by yukimama0202 at 2017-10-18 21:04

★  tarohanaazukiさん

自分も右往左往の毎日です
多分、日本人はどんなか幸せかわかってるのか?
ていたらくぶりを、諌めているんでしょうね~

ちゃたろうは今、正に、へそ天で足元にいるので
ニャンとかなるを実践していますよ(^-^)

名前
URL
削除用パスワード


<< 留守の時の、口上再び      お土産と、ぶっかけそばと、寝不... >>