ピアスを買う


うまく撮れなかったので

綿棒に通す(^^ゞ


買ったのは、つや消しのピアスの方

下のピアスが何年も前から紛失

一個しかない008.gif


リングが小さくて、付けていても邪魔にならなくて良かったんだけど。。。

手袋と同様、失くすと使い物にならない


今回のお店は、一個失くしても、半額で又一個買えるんだって~

でも、なくさないに越したことないけどヽ(;▽;)ノ



f0316507_09474104.jpg



人間は大変ですね



f0316507_09472194.jpg




ま、本質、見た目は変わりようがないので、ほどほどにね



横着ものだから、ほどほどなんだけど、

見苦しくない程度に、小奇麗にしないとね(>_<)




f0316507_09471042.jpg






[PR]
Commented by tarohanaazuki at 2017-02-28 10:32
40年以上前に穴を開けたのですけど、金属アレルギー気味なのか、赤くなって痒いんですよねえ。
純金のものなら半日くらいは大丈夫ですけど、安くて可愛いものは一時間と保ちません。
なので着けなくなったら、穴が塞がれてしまいました(笑)

そうそう!身綺麗、清潔、シニアに一番大切なことです!(笑)
程遠い私が言うのも何ですけど(笑)
Commented by yukimama0202 at 2017-02-28 13:39


■ ■ tarohanaazukiさん

私もそれくらい前です
その頃はお店とかで開けるなんてなかったので、整形外科みたいなところで
先生に開けてもらい、24金のピアスをつけっぱなしで
何かあったら、次回は保健証を持って来るようにって真面目にやってました(^^ゞ

そうなんですよね~
付けないと塞がるんで、気にならない大きさで付けっぱです
これもホワイトゴールドで1万円もしなかったんですけど
あまり安いのはどうでもよくて大事にしないのですぐなくなります(´▽`)

スーパーとかで、ふわ~んと汗臭いシニアが沢山います
せめて、それだけは避けたいです(^-^)
Commented by tasukeai-maki at 2017-02-28 18:27
私も25年前に開けたんですけど、耳たぶの厚みが厚くて
中まで冷えきってなくて、バチんて機械で開けた瞬間、
メッチャ痛かったのを覚えています。その2年後にまた2つ
開けて、両耳で4つ。取っ替え引っ替え色々楽しみました!
病気になってからトンと着けなくなったら、中から順に塞がり
今は表面だけ開いてる感じです(>_<)指の感覚が鈍く、キャッチ
をコロコロ落としてしまうので、ブラブラする引っ掻けるタイプ
のしか無理になりました。もう一度開けたいと思ってるんだけど
どうしょうかなぁ。。。せっかく買ったピアスが泣いてます。。
Commented by yukimama0202 at 2017-02-28 20:53


■ ■ tasukeai-makiさん

ドライアイス?みたいのでやるんでしょう?
私は麻酔だったと思うんですけど?痛くなかったので
不確かですけど(^_^;)
福耳だったんじゃない?
絶対開けない人もいますしね

どうでもいいのは無くさず、大事なのは無くなってしまうゆきママです(T_T)
Commented by 371230 at 2017-03-01 07:05
いつまでも小綺麗にしたいのは同感~(#^.^#)
誰かのためじゃなくて自分の為に!
おしゃれは楽しいです
若々しくありたい!でも厳しい年齢です(T-T)
ファイト!ファイト~!
Commented by yukimama0202 at 2017-03-01 11:04


■ ■ 371230さん

yokoさんは肌がきめ細かくて羨ましいです~
姿勢とか身なりは大事ですよね~
最近はマスクが手放せません。ある意味ボロ隠しできますからね^^
老体鞭打って頑張りますか(^_^;)
Commented by sakuramoon7767ryo at 2017-03-03 14:54
私もこのタイプのピアス好きです♥
やはり片方無くし、知人の男子大学生に片方あげたら出てきちゃって(^_^;)
結局また同じようなものを買いました(^_-)
Commented by yukimama0202 at 2017-03-03 20:37


■ ■ sakuramoon7767ryoさん

アシンメトリー、何でも有りな世の中ですけど
若い子ならOKでしょうね
無くしても半額で買えるってのに惹かれました

お風呂上がりは両耳の確認が身につきました^^
名前
URL
削除用パスワード
by yukimama0202 | 2017-02-28 10:13 | 日常 | Comments(8)

ハッタリ・なんちゃってママしゃんと, おとぼけ猫、 ちゃたろうのお気楽日記でございます


by yukimama