甘酒と黄昏れる猫





冬に限らず甘酒作ってますが

本番は冬~



麹ブームでいろんな麹が出てきましたね

甘酒には「みやこ麹」がお気に入りですが
左の麹は、味噌の時の大豆とセットの麹で、
お米のようにパラパラしています

こっちの麹では、甘酒を作ったことがありません

みやこ麹は綿みたいなフワフワがカビの一種なんでしょうか?

f0316507_19140385.jpg


ステンレスポットで作らなくなったら、温度が安定しているのか

どんな麹でもイイみたい( ^ω^)



f0316507_20015196.jpg









お粥は1合を目盛り全粥、炊飯ジャーで炊きます


温度が65度位に下がったら


f0316507_20013063.jpg




麹を投入~
今回は2枚目の左の十勝の麹




f0316507_20014094.jpg




後は混ぜて

ヨーグルトメーカー・ヨーグルティアにお任せ

温度は50度、タイマーは10時間に設定



f0316507_20020858.jpg




朝には出来上がっています

冷蔵庫に入れますけど


冷蔵庫でも甘味がドンドン増してきます

やはり麹によって若干違うようです

今回の麹は甘さサッパリでした。

喉が痛くなるほど甘く出来る時もあります039.gif



f0316507_20023527.jpg






まだまだ雪の庭



f0316507_16341386.jpg





街灯がついた夜の外をぼんやり


キャットタワーから眺めて

黄昏ております^^


f0316507_16342685.jpg





[PR]
Commented by sacromonster at 2016-02-20 14:28
甘酒まで手作りとは凄いですね。
お写真によると雪がかなり積もっていてさむそう!
ちゃ太郎ちゃんもお外に出られず、雪を眺めて
いますね。何を考えているのでしょうか。
Commented by yukimama0202 at 2016-02-20 15:25
★ sacromonsterさん

小さい頃、麹屋さんやウドンも今のように衛生的に袋になど入ってなく
すのこに、麹も、ウドンも1玉づつ乗せてあって、買いに行くと
菜箸の大きいので刺して、ひと玉、ふた玉って経木に包んでくれました
母は毛布にくるんで良く麹の甘酒を作ってくれましたので
懐かしいんですが、
発酵の仕方は全然違うので、味ももっと複雑だったように記憶しています
名前
URL
削除用パスワード
by yukimama0202 | 2016-02-18 19:05 | 味噌作りや梅干(甘酒) | Comments(2)

ハッタリ・なんちゃってママしゃんと, おとぼけ猫、 ちゃたろうのお気楽日記でございます


by yukimama