こねないパン、混ぜて少し伸ばすパンです



もう何年もパンを焼いているのですが

手ごねから始まり、クイジナートを買いフードプロセッサーでこね、
ホシノ天然酵母でも焼き
HBを買って焼いたり。。。

以前から藤田千秋さんの「こねないパンの本」でも何度か作った

この人の分量が少なくて定番化しなかった。
(倍にすればいいのか?とかもしなかったので)
前回の本と今回、栗原はるみさんの本にも出ていたので、
やってみました(彼女は100回も焼いてみたそうですが
いくらなんでもそこまでやらなくても。。凡人は電気代が気になって009.gif

粉300g、水200cc、砂糖小さじ2、ドライイースト小さじ1、塩小さじ1
ボールに粉以外入れて混ぜて少しづつ粉を足していく

ぐるぐる2分ほど混ぜてラップをして発酵
冬は発酵温度が難しいのでオーブンの発酵機能35度でやりました

f0316507_16134874.jpg

時間は気にせず、
2倍にする
f0316507_16140219.jpg

ゴムベラで空気抜き

生地を持って表面を引っ張っては、丸め、5、6回繰り返す

f0316507_16141217.jpg


又2倍にする

f0316507_16142079.jpg

生地に粉をつけて、2等分して型に入れて
f0316507_16142883.jpg


2倍にする

f0316507_16143774.jpg

220度で12分190度で20分焼く(本では10度づづ高め温度でした)
f0316507_16144650.jpg


割ってみたら上手に焼けていたし

油脂が入らないのであっさりして美味しかった~

発酵に時間がかかるけどほったらかしで、イイので又やってみます(-^〇^-)

f0316507_16151774.jpg



[PR]
Commented by tasukeai-maki at 2015-12-21 20:46
パンを焼くのって結構大変なのですね!
買って食べるのは簡単で一瞬だけど、
作ってる人は大変(>_<)
これからはもう少し感謝して食べようと
思います!
Commented by yukimama0202 at 2015-12-21 22:38
★ころたんさん

いつも寄って下さりありがとうございます??
パンは毎日食べますからね
田舎だと中々好きなパンが手に入りません
さっぱりした??が好きなので簡単にやけるのが良いですね
何でも作るときは時間が掛かりますが食べるのはあっちゅう間ですよね??
Commented by tasukeai-maki at 2015-12-21 23:54
私は以前、趣味でケーキを焼いていました。
ケーキも色んな行程があり、簡単なのもあれば
手のかかるのもあります。
でも、食べるのはあっという間(>_<)
はまってる時は作るのが楽しかったけど、
少し冷めた頃は、手のかかるものは作るのが嫌に
なってきて、今は全然作ってません(-_-)
食べてくれる人がいればまた作るかも(^-^)v
Commented by adamamaok at 2015-12-22 08:09
あっさりしているのが、画像からも伝わってきますね♪
小麦の滋味が感じられるような・・美味しそう~~。
Commented by yukimama0202 at 2015-12-22 16:48
★ころたんさん

ケーキより簡単ですよね
ボール1つで出来るのも魅了かな
息子達が小さいときはケーキもよく作りました
今は和菓子の方が好きですね!
Commented by yukimama0202 at 2015-12-22 16:50
★アダママさん

飽きの来ないご飯みたいなパンですよ~
300なら小さいので400グラムでやいてみます
ボール1つで出来るので洗い物も少ないです??
Commented by tasukeai-maki at 2015-12-23 20:14
和菓子も憧れますね♪
色々やりたいことが多くて
体がいくつあっても足りません(>_<)
Commented by yukimama0202 at 2016-01-24 19:41
★sacromonstarさん

北海道は金柑が成らないので高いし、ここ何年かですよ~安く買えるのは
私も埼玉の上尾に居たときに、知りあいの方から甘煮ご馳走になりました
その時は丸ままでしたが、縦に蛇腹の切り込みが入って種は除かれてたので
丁寧な仕事だと、びっくりポンでした
私はジャムにしたので、水はいれず砂糖も少ないです

動物は暖かい所わかっていて、見てるだけでホンワカしますね??
名前
URL
削除用パスワード
by yukimama0202 | 2015-12-21 16:40 | パンおやつ | Comments(8)

ハッタリ・なんちゃってママしゃんと, おとぼけ猫、 ちゃたろうのお気楽日記でございます


by yukimama